パワーストーンには意味があります

パワーストーンは、その石の力を信じる人と信じない人ではっきりと分かれます。信じない人には理解できないかもしれませんが、パワーストーンには力があります。その石によって込められている意味が違います。購入するときは店の人と話し合って石を決めてオリジナルのものを作りましょう。愛着も湧きますし、大切にしようという気持ちにもなります。色々と迷って決めるのではなく、その時の自分の直感を信じて石を選ぶのが一番いいと言われています。直感で決めた石は自分にぴったりの石です。そのほかにも選び方として誕生石というものがあります。誕生月ごとによって決まっている石があります。それを身に着けるのも一つの選択です。誕生石にもそれぞれ込められている意味があるので調べてみましょう。わからなければお店の人に聞くとすぐに教えてもらえます。

パワーストーンの購入の巡りあわせと浄化

パワーストーンを購入する時に一番大切な事は直感です。なんとなく気になった、ふと目についた、そんな何気ない感覚が石との巡りあわせとなり、今一番自分に必要としている石という事になります。直感を感じなかった、それでは不安という場合にはじめてパワーストーンを持つ場合には水晶がおすすめです。水晶は基本となる石で、人間にも個性があり様々な様に、石にもそれぞれ千差万別にあり相性などがあるのですが、水晶は誰がもっても大丈夫という石です。パワーストーンを手に入れたらまずは浄化が必要です。自分の手元にくるまで様々な人の手に渡り自分のところまできているので、まずは浄化する事によって他の人の気を祓って、その石と持ち主とのつながりを持たせる作業なので浄化をする時間は自分が石が浄化されたと思った時点で大丈夫です。購入後行う浄化ですが、1か月から数か月ごと、願いが叶ったりした場合にはその都度浄化をします。

代表的なパワーストーン水晶

水晶には浄化、厄除け、招福など様々な効果があるとして、古来から占いや護符の他、数珠や神社のご神体など宗教の場面でも用いられてきました。現在でもパワーストーンとして運気向上を願って水晶を持つ人は多く、特に透明な水晶には万能な力があると言われています。水晶にはその他にも色のついたものもあり、二月の誕生石でもあるアメジスト(紫水晶)は不安や緊張を和らげストレスを除き、精神的な安定をもたらしたり、家庭運を良くするとされています。黄水晶のシトリンは体に元気を与えて快活さや積極性、行動力を生み出したり、商売等の材運行向上にも良い石です。スモーキークオーツ(煙水晶)も健康運に良く体調を安定させるので、病人や体力を必要とする人に勧めたい石です。恋愛運や美容運に良いのがローズクオーツ(紅水晶)で、この石にも精神的な疲れを癒すパワーがあるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です